本を安く買う方法!メルカリで最新本を300円で読む方法を教えます!

普段から読書をする方であれば、書店やネット通販で本を購入することが多いと思いのではないでしょうか?

しかし

「本は好きだけどお金がかかる」
「できれば中古で買いたいが探すのが大変」

といった悩みを持つ方も多いことでしょう。

そんな問題を解決するために僕が見つけた方法が、メルカリを使用して最新本を300円で読む方法です!

この方法はメルカリのアカウントを持っている方であれば誰でも真似することができ、一度覚えてしまえばとても簡単に実践することができます。

読書はしたいがお金は抑えたい、図書館や古本屋で本を探すのがめんどくさい、と悩んでいる方は、ぜひ一度この方法を参考にしてみてください!

メルカリを使えば最新本が300円で読める!

具体的な方法をたった2つです。

MEMO
1. メルカリで最新の本を買う
2. 家に届いたら1週間以内に読み、すぐに出品する

ざっくりですが、この2つの手順で最新本を300円で読むことができます。ただ、この説明では全くわからないと思うので、順を追って説明していきます。

1. メルカリで最新本を買う

本を買うのも本を売るのも基本的にはメルカリで行います。理由は単純で、買った時の差額と売った時の差額が少ないからです。

わかりやすいように「お金2.0」をAmazonで買った場合と、メルカリで買った場合の2つに分けて説明します。

※書店で買った場合もAmazonと同じ価格なので、ここでは記載しません。

・Amazonで購入した場合

合計額
Amazonで購入:1,620円(定価)
メルカリで売る:800円(−手数料10%、配達料195円)
合計:1,620−525=1,095円

となり、実質1,095円で購入したことになります。

・メルカリで購入した場合

合計額
メルカリで購入:800円
メルカリで売る:800円(−手数料10%、配達料195円)
合計:800−525=275円

となり、実質300円以下で読むことができます。

いかがでしょうか?僕はこの方法に気づいてから、「本を定価で買うことはとてももったいないこと」だと思いました!

しかし、「購入した時の値段と、売った時の値段が同じなのはおかしい」と感じる方もいるでしょう。

では次に、「なぜ同じ値段で売ることができるのか?」について説明していきます!

2. 本を買ったら1週間で読み切る

購入時の値段と、売却時の値段が同じな理由はここにあります。

最新の本であれば、出版されて1、2ヶ月位はメルカリで売買される値段に大きな変動はありません。欲しい本の人気度が高ければ尚更でしょう。

そのため、本を購入してから1週間以内で読みきり、すぐに出品することでスパンを短くすることができ、購入した時の値段と同じ値段で出品することができます。

1週間以内で読むのは大変のように思われますが、実はそんなに難しいことではないのです。

速読をマスターすれば30~60分で一冊を理解することができますし、読むのが遅い方でも1日30分ほど読んでいれば、1週間で3.5時間読書をしたことになり十分に本を読み終わることも可能です。

本を早く読みすぐに売ることで、購入時の値段と売却時の値段を同じにすることができるのです。

メルカリのダウンロードはこちらから

メルカリで購入する場合のデメリット

今まではメルカリのメリットを紹介してきました。

しかし、1つデメリットもありそれは「必ずしも最新本が出店されているわけではない」ということです。そのため、本を読みたいと思ってもメルカリで購入できないことがあります。

メルカリで購入するにはこのようなデメリットもあるので、必ずしも毎回メルカリで購入できるわけではないことも覚えておきましょう。

メルカリを活用して読書ライフを楽しもう!

以上が「本を安く買う方法!メルカリで最新本を300円で読む方法を教えます!」についてでした。

書店やAmazonにて定価で購入するよりも、メルカリを活用した方が安価で最新本を読むことができることがわかったと思います。

本を安く買いたい、と考えている方はぜひ1度試してみることをおすすめします!

メルカリのダウンロードはこちらから

社会に出て役立つ!大学生におすすめしたい本15選を現役大学生がご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です