家でできる卒アルの捨て方をご紹介!実際に捨てて後悔はなかったのか?

卒アルって意外と大きいし、他の人の個人情報が入ってるから捨てるのに困りますよね。

ネットで捨て方を検索しても「回収業者に頼みました!」と書いてあったり、実際に捨てようとしても、手間が面倒でやる気も出ません。

そこで今回は、僕が実践した「自宅で簡単にできる 卒アルの捨て方」をご紹介しようと思います!

MEMO
・卒アルを捨てようか迷っている

・捨て方がイマイチわからない

と悩んでいる方はこの記事を参考にしてみてください!

卒アルは資源ゴミへ

いざ「捨てよう!」と思っても、卒アルが何ゴミに分類されるのかわからない方も多いですよね。

一般的には本や雑誌などは資源ゴミのため、卒アルも同じ分類で資源ゴミになります。可燃ゴミとして一緒に出しても問題はないと思いますが、一応資源ゴミとして出す方が好ましいでしょう。

卒アルを捨てる方法

ここからは卒アルを実際に捨てる手順をご紹介します。

ネットにはハサミで切ったり、墨汁に浸す方法などがありますが、今回僕が実践したのは「水に浸して捨てる方法」です。

実際の手順は以下になります

STEP.1
1. 卒アルの表紙と裏表紙をカッターで切る
 
STEP.2
2. 表(裏)紙部分のみを新聞紙で包み、ビニール袋に入れて資源ゴミとして出す
 
STEP.3
3. 残った紙の部分をお風呂などの残り水にふやけるまで1時間ほど浸す
 
STEP.4
4. いい感じにふやけたら、日光に当ててカピカピになるまで干す
 
STEP.5
5. カピカピになったものを破いて新聞紙で包み、ビニール袋に入れて資源ゴミとして出す
 

以上が僕が卒アルを捨てた手順です。

実際に僕は小中高と3冊捨てました!(意外と時間がかかりました。)

水に浸すだけで心配な方は干し終わった後に接着剤をつけることで、中を開けることができなくなり、個人情報流失のリスクを減らすことができるのでそちらもおすすめです!

卒アルを捨てる理由

僕はミニマリストに憧れてからあらゆるものを断捨離してきました。

(詳しくははこちら↓)
そんなものまで捨てるの?!大学生ミニマリストが捨てたものを一挙ご紹介!

多くの人は「卒アルは大切な思い出だし、取っておくべき!」と思っていることでしょう。実際に僕も断捨離を始めた頃はそう思っていました。

しかし、よくよく考えてみると、卒アルはどうしても見たくなったら友達に見せてもらうことも可能ですし、見たいと思うときなんて年に1.2回あるかないかくらいではないでしょうか?

そう考えると「意外に卒アルって使用頻度は低いし、割とでかいから場所も取られるな」ということがわかり、置いておく必要がありません。

それにいつまでも「過去のモノ」に時間や場所を取られるのはもったいないので、捨てようと決心しました。

他の方法じゃダメなの?

他にも卒アルを回収してくれる業者はいくつかあります。

例えば「クロネコヤマトの機密文書リサイクルサービス」は大手クロネコヤマトが提供しているサービスで、会社の捨てにくい書類や個人情報が入っているものを、溶かして処分してくれるサービスです。

機密文書リサイクルサービス

より確実に卒アルを処分したい、自分で捨てるのはめんどくさいと感じる方は、このサービスを使ってみると良いでしょう!

まとめ

以上が「家でできる卒アルの捨て方をご紹介!実際に捨てて後悔はなかったのか?」についてでした。

最後に「実際に卒アルを捨てて後悔はなかったのか?」ということについてですが、僕は後悔はありませんでした。

なぜなら僕はミニマリストになってから、今の自分に必要な物・自分を成長させてくれる物だけを残したいと考えています。

そう考えると、卒アルは「過去の自分の物」であって「今の自分」には必要のない物です。

もし卒アルを捨てようか迷っている方は「今の自分に必要かどうか?」と自問自答してみると良いでしょう!

他にも、本やCDの断捨離方法、ミニマリストが捨てたものなどについても記事にしているため、こちらも参考にしてください。

捨てられないがなくなる!本の断捨離方法や捨てるべき5つの基準を紹介 CDを断捨離すべき3つの理由!ミニマリストが迷わずにCDを捨てられた方法 そんなものまで捨てるの?!大学生ミニマリストが捨てたものを一挙ご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です