時間不足はただの錯覚?メンタリストDaigoさんの超時間術を書評!

今回ご紹介するメンタリストDaigoさんの「週40時間の自由を作る 超時間術」は

MEMO
・毎日忙しくて時間がない
・余裕のある時間の使い方をしたい

と悩んでいる方におすすめの1冊です!

この本では一般的なスケジュール管理の改善や、TODOリストの利用方法ではなく、現代人が悩む時間不足の「本当の理由」を明確にし、根本の問題を解決する方法が記載されてます。

この本を読むことで、自分に時間がないのはどうしてなのか、なぜやるべきことが終わらないのか、などの悩みを解決することができるでしょう!

時間がないはただの錯覚

まず始めに、私たちが常に感じている「物理的な時間が足りない」「やるべきことが多い」などの“時間がない”ことは錯覚だとDaigoさんは言います。

とはいえ、いきなり「時間がないのは勘違いだ」と言われても、多くの人は納得がいかないでしょう。しかし、多くのデータや実験結果から現代の私たちは十分な時間を持っていることがわかります。

たとえば、OECDが発表した「労働時間の推移」に関するデータを見ると、、1970年代の日本人は平均で年に2200時間ほど働いていました。

ところが2016年ではこの数字が1713時間まで下がり、アメリカやロシア、ギリシャなどの労働時間よりも少なくなっています。

なんと、私たちは昔の人たちに比べて、働く時間は年に500時間も減っていたのです。このことから、私たちは働く時間が増えたわけではなく、むしろ時間は余っていることがわかります。

では、なぜ常に時間をないと感じ、本来のやるべきことが終わらないのでしょうか?

まず原因の1つとして、SNSやインターネットが発展したことにより、余った時間を無駄に消費していることが挙げられます。

アメリカの有名求人企業がおこなった調査によれば、およそ3分の2のビジネスマンが、1日に平均1時間は仕事と無関係な作業をしている、ことが明らかになりました。

消えた時間の大半は、SNSやYouTubeのチェック、Amazonの検索などに費やされていたのです。

皆さんも心当たりがあるでしょうが、仕事や勉強の途中でスマホをチェックしたり、息抜きにYouTubeを見てしまうことが多々あります。

現代人の大半はこのスキマ時間を無駄に消費したり、だらだらとスマホをいじる時間が増えたことで、余った時間を有効活用できていないのです。

2つ目は、多くの人が自分が忙しいという状態に満足していることです。これは人間の心理的に「やるべきことが多い」と思った方が、手軽に安心感を得られるからだと言われています。

しかし、作業量が多い=生産性が高いという考えは間違えで、むしろ作業量が多いという状態は目的に沿った正しい選択ができておらず、無駄なタスクを増やしている、と言い換えることができるでしょう。

作業量が足りない、タスクが多すぎると悩んでいる方は、「このタスクは本当に自分がやらないといけないのか?」とまずは疑い、本当に必要なことだけを選択する力を身につける必要があるのです。

では次に、「どのようにしたら、時間に振り回される生活から抜け出すことができるのか?」について具体例をご紹介していきます!

ゴールコンフリクトを正す

ゴールコンフリクトとは目標(ゴール)が衝突(コンフリクト)しあった状態のことを言います。

例えば運動をしたいけど仕事がある、貯金したいけど欲しいものがある、痩せたいけど食べたい、など2つの目的がぶつかり合うことです。

私たちは自分のなかで欲望がぶつかりあうたびに、不安や焦りを感じ、その結果、常に時間に追われている感覚に陥ってしまいます

では、どのようにしたらゴールコンフリクトを正すことができるのか?

この解決法は2通りあり

MEMO
1. 自分が達成したい目標を紙に書いて可視化する

2. 自分の悩みを他人にアドバイスするように解決策を提示する

の2つです。

目標は「痩せたい」「貯金する」などのハードルの低いもの構わないので、今のやりたいことをリストアップします。

次は目標の「障害」になりそうなものを考えてください。

例えば僕の場合、「ブログを書く」が目標だった場合、「仕事や勉強に時間を取られる」「家だとやる気が出ない」「ネタが尽きてしまう」などが挙げられます。

そしてその「障害」を客観的に分析し、「もし友達がこの悩みを持っていたらどんなアドバイスをするか」と解決策を考えましょう。

先ほどの「ブログを書く」を例にあげると

「仕事や勉強に時間を取られる」
→ブログの優先順位を1番にして朝一にやるのはどうか?
「家だとやる気が出ない」
→カフェや図書館を利用してみては?
「ブログのネタが尽きてしまう」
→週に1日、他のブロガーやサイトを見てネタ探しの時間を作るのは?

など、友達にアドバイスする立場になれば、具体的な解決策を出すことができます。

すると思考がクリアになり、今まで漠然と悩んでいた目標(ゴール)までの道のりが明確になるため、時間不足の焦りがなくなっていきます。

また、障害を可視化することで「これはお金があれば解決するな」「そもそもこれは障害ではない」と自己認識することができ、今ままでの不安や焦りがなくなります。

時間不足を感じている方は、まずゴールコンフリクトを正すところから行ってみましょう!

マルチタスクがあなたの時間を奪う

複数の作業を同時に行うマルチタスクも、私たちが「時間がない」と思い込んでしまう原因の1つです。

例えば、SNSをみながら勉強する、仕事をしている最中に次の予定を考える、など皆さん1度は経験したことがあると思います。

このように複数のことに注意を払ったり、同時に2つ以上の作業を行うと脳は時間不足を感じ、焦りや不安が生じます。この状態は「時間汚染」と呼ばれています。

そして、この「時間汚染」の状態から抜け出すには、”タスクシフトを作成し、どんな小さな作業でも時間を決めて行動する”ことで解決することができます。

例えば
メールをチェック:10分

報告書作成:30分

リサーチ:1時間

という感じで、タスクごとに時間を細かく設定し、作業の切り替えタイミングを明確にします。すると目の前の1つのことに集中することができ、他のことに意識が向かなくなるのです

さらにこの方法の良いところは、タスクを1つ1つ消費することで「自分の時間を支配している」という感覚になり、達成感や充実感を得られるようになります。

マルチタスクをやめることで目の前のことに集中でき、達成するごとに思考がポジティブになるので、1度に複数の作業をしている方はぜひ取り入れてみましょう!

「忙しい」という口癖をやめる

最後の3つ目はとてもシンプルで「忙しい」という口癖をやめることです。

「そんなことで本当に大丈夫なの?」と思われる方もいるでしょうが、私たちが常日頃何気なく使っているこの言葉が、想像以上に大きなインパクトを生み出しています。

ポーランドのワルシャワ大学が行った研究によれば、「忙しい」と口にするたびに、私たちの意識は未来や過去に向かい、そのせいで目の前のやるべきことに集中できなくなるとのことです。

口では「忙しい忙しい」と言いながらも、頭は明日のプレゼンのことでいっぱい。

その一方でスマホの通知に届いたニュースをチェックしながら、なかなか青にならない信号にイライラしてみたり…

いつも未来や過去の心配ばかりしていて、よく考えてみたら、1日のうちで「現在」に集中できた時間が30分もなかった、という人も多いのではないでしょうか?

つまり、「忙しい」と口にすることで予定していた作業はどんどん遅れ、本当は余っていたはずの時間が無意識に浪費されているのです。

ただ、このワルシャワ大学の研究で「忙しい」の代わりに、「活動的だ」「活発的だ」などのポジティブな言葉を学生に使わせた実験では、3ヶ月後の成績が大きくアップしたそう。

私たちは1日に何千何万と頭の中で思考を繰り返し、心の中で言葉を発しています。その言葉をネガティブからポジティブに変えるだけで、潜在意識が変わり、日々の行動にも効果が現れるのです。

とてもシンプルな方法ですが、意識を変えるだけでも行動に変化が現れるので、難しく考えず、まずは実践してみましょう!

まとめ

以上が「時間不足はただの錯覚?メンタリストDaigoさんの超時間術を書評!」についてでした。

私たちが日々感じている「時間がない」という感覚は錯覚であり、実際は不安や焦りが時間不足を感じているだけ、だということがわかったかと思います。

この本を参考に、時間を味方につけて自分をコントロールする時間術を身につけましょう!

【人生が変わる!】メンタリストDaigoさんのおすすめ本5選をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です