捨てられないがなくなる!ミニマリストが教える断捨離すべき5つの服とは?

MEMO
「服を断捨離したいけど、もったいなくてなかなか捨てられない…」
「次から次に服を買ってしまい、気ずいたらクローゼットがパンパンになっていた…」

服を断捨離しようと考えている方は、このような悩みを持っているかと思います。

服ってアウターやパンツは価格も高いし、「いつか着るかも…」と思ってなかなか捨てる決断ができないですよね。

実際に僕も、ミニマリストになる前はおしゃれになりたかったので、シーズンごとに服を買ってしまい、クローゼットに入りきらない量の服を持っていた過去があります。

ただ、ミニマリストになって服を断捨離したことで、「流行りに流されない・クローゼットに余裕ができる・おしゃれになった」など、僕自身、たくさんのメリットを感じることができました!

そこで今回は、ミニマリストの僕が実践した服の断捨離方法をご紹介し、服を断捨離しようと考えている方の参考になればと思います!

ミニマリストが考える「断捨離すべき5つの服」

まず、僕が実践して感じた「断捨離すべき服」は以下の5つです。

断捨離すべき5つの服
1. 高かったけど使ってない服
2. 妥協して着ている部屋着
3. 自分のサイズや雰囲気に合ってない服
4. 合わせるのが難しい服
5. ヨレヨレ・年季が入ってる服

1. 購入時は高かったけど使ってない服

1つ目は、買った当初は高かったけど使っていない服です。

そうは言っても「あんなに高かったんだから、もっと使い込まないともったいない」と元を取りたくなって、なかなか踏み切るのが難しいですよね。

しかし、値段が高かったからという理由で元を取ろうとして、いつまでも置いておくのは時間とスペースの無駄です。

それに、いくら高かったとしても使っていないのであれば、それは今の自分にとって必要のない服であり、持っていても今の自分が幸せになることはないですよね

また、高い服はメルカリなどのフリマアプリでも高く売れやすいく、比較的断捨離しやすい部類のため、断捨離する際は捨てるのではなく、売ることをおすすめします。

2. 妥協して着ている部屋着

普段着で着ていたTシャツやパーカー、ショートパンツ、学生時代の体操着など、使わなくなって部屋着行きになった服は捨てるべきです。

「まだまだ使えるじゃん!」と考え、使わなくなった服を部屋着に回しがちですが、部屋着は余った服を着るのではなく、むしろ自分が好きな服を選ぶべきです。

というのも、自分の好きな服を部屋着で着る方が、毎晩服を着るたびにワクワクできるし、服を着るときの満足感が上がります。

例えば、自分の好きな歌手や映画のコラボシャツを部屋着にしたり、シンプルだけど機能性の高い服を意識的に選べば、「やっぱりこの服好きだなー」と毎晩着るときに思えますよね

そのため、部屋着で着ようとしている余った服や、着なくなった服は断捨離するようにしましょう。

3. 自分のサイズや雰囲気に合ってない服

僕自身も経験あるのですが、あえて大きめのサイズを買ったけど自分の背丈に合わなかった服、服自体はおしゃれのシャツを買ったけど自分には合ってなくて着なくなった服、などは捨ててしまいましょう。

「気に入った服だから着こなしたい!」と思うかもしれませんが、服自体はおしゃれでも、あなたの雰囲気に合わなければ、その服を着てあなたの良さを出すことができません

それよりも、「この系統の服は自分には合わなかった。じゃあ次は、自分に合う服を選べるようにしょう」と考え方を変えて、より自分に合って服を選ぶべきです。

また、あなたにとっては合わない服でも、他の誰かにとっては合う服だったりするため、自分に合わない服は断捨離してしまいましょう。

4. 合わせるのが難しい服

色や柄が派手な服、着回しが難しい服も断捨離してしまいましょう。

例えば、ジーパンや白シャツなどは比較的どの服にでも合わせやすい服ですが、赤や黄色などの派手な色の服や柄シャツなど、特定の服としか合わせられない服は断捨離すべきです

僕もミニマリストになる前は、おしゃれになりたかったのでこれらの服を持っていましたが、着る回数が少ないのと、合わせられる服が限られているため、無駄に服が増えていました

今は、白シャツや黒スキニーなど、合わせやすい服にしたことで着回しも楽で、服の数もかなり減っています。

▼ミニマリストの服はこちら

大学生メンズミニマリストの服を公開!男性ミニマリストが持っている服とは?

合わせるのが難しい服は回数が少ないだけではなく、自分のクローゼットの収納スペースも奪うため、断捨離してしまいましょう。

5. ヨレヨレ・年季が入ってる服

最後は、ヨレヨレになった服・少し汚れてたり黄ばんでる服・年季が入って色が薄くなった服です。

これらの服は「まだ着れる・部屋着ならなんとか」と思って残す方が多いですが、このような服こそすぐに断捨離すべきでしょう。

2の部屋着でも触れましたが、服は妥協して着るのではなく、自分の一番好きな服を選ぶべきです

例えば、毎朝、年季が入ったシワシワの白シャツを着るより、しっかりアイロンのかけられた自分が好きなブランドの白シャツを着る方が、一日のスタートが全然違いますよね。

それに、自分が好きな服を選ぶことで、自然と手入れをするようになり、1つ1つの服を丁寧に扱うようになります

当然のことながら、ヨレヨレで年季が入っている服は「仕方なく着ている服」であり、自分の生活に良い影響を及ぼさないため、今すぐ断捨離しましょう!

ミニマリストが教える失敗しない服の選び方

ここまで「断捨離すべき服」についてご紹介してきましたが、次は「失敗しない服の選び方」について説明していきます。

というのも、今ある服を断捨離できても、今までと同じ服の買い方をしていたら、将来、また服の断捨離をする必要がありますよね?

そうなると服の断捨離をする意味がなく、同じ失敗を繰り返してしまうため、服の断捨離を終えたら、同時に服の選び方も変えてしまいましょう!

流行りやトレンドに左右されないシンプルな服を選ぶ

ファッション雑誌を買っていたり、おしゃれを気にしている方にとって、シーズンごとの流行りやトレンドは押さえておきたいですよね。

しかし、流行りやトレンドの服は、その年や限られたシーズンしか着れず、着回しも難しいため選ぶべきではありません

僕もミニマリストになる前は、おしゃれになりたくて流行りやトレンドの服を買っていたのですが、来年に同じ服を着ることは少なく、流行りが終わった服がクローゼットに増えていく、という現象が何年も続きました。

逆にミニマリストになってシンプルな服を選ぶようになると、流行りやトレンドは関係ないため、どの年やシーズンでも気にすることなく着ることができます。

そのため、流行りやトレンドの服は避け、なるべくシンプルで流行りやトレンドに左右されない服をおすすめします。

凡庸性の高いモノトーンの服を選ぶ

黒や白や灰色などモノトーンの服はどの服にも合わせやすく、あらゆるシチュエーションにも対応できるのでおすすめです。

例えば、黒のスキニーなんかはどの服やシチュエーションにも合わせやすく、1枚持っているだけであらゆるパターンに合わせることができ、服の総量を減らすことができます。

逆に派手な色や柄など凡庸性の低い服が増えるほど、服の総量が増えてしまい、再度、服の断捨離をしなくてはなりません

凡庸性の高いモノトーンの服を選ぶだけで、1枚で複数のパターンを作ることができ、服の総量を減らすことも可能になるため、服を選ぶ際の基準にしましょう。

まとめ

以上が「捨てられないがなくなる!ミニマリストが教える断捨離すべき5つの服とは?」についてでした。

最後に、服を断捨離するメリットについてまとめてみました。

メリット
・クローゼットに余裕ができる
・自分が好きな服だけが残る
・流行りに流されなくなる

服の断捨離はクローゼットに余裕が生まれるだけではなく、自分の好きな服だけが残るので服に対する満足感が高く、服の選び方にも変化が生まれるため、流行りに流されて服を余計に買ってしまい習慣も無くせます。

このように、服の断捨離はメリットが多く、服が多すぎるストレスからも解放されるため、悩んでいる方はすぐに実践してみましょう!

他にも、ミニマリストが着てる服や、ミニマリストになるまでに捨てたもの一覧も別記事でまとめているので、気になる方はこちらもご覧ください。

▼ミニマリストが着ている服

大学生メンズミニマリストの服を公開!男性ミニマリストが持っている服とは?

▼ミニマリストが捨てたもの一覧

そんなものまで捨てるの?!大学生ミニマリストが捨てたものを一挙ご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です