ミニマリストが私服の制服化を2年間した結果|メリット・デメリットをご紹介!

どうも、ミニマリスト まつ(@minimalistmatsu)です。

突然ですが、僕はミニマリストを知ってから、約2年ほど私服の制服化を続けています。

初めの頃は「毎日同じ服ってバカにされないかな…」と不安も思っていましたが、今では同じ服が当たり前になり、服を選ぶ時間とお金を節約し、毎朝、着る服を迷うことがなくなりました

そこで今回は、

「私服の制服化って実際どうなの?」

「メリット・デメリットを詳しく知りたい!」

という方のために、実際に私服の制服化をしている僕が、私服の制服化をした理由や、メリット・デメリットなどを書いていきます。

ミニマリストになる前はおしゃれ好きだった

実は、僕はミニマリストになる前、ファッション雑誌を買ったり、ネットサーフィンをしてトレンドを調べまくるなど、洋服にはかなり気を使っていました。

しかしある時から、流行に流されて服を選ぶことに疲れ、「自分って古着を着こなすくらいおしゃれが好きじゃないし、かと言ってダサくなりたくない」ということに気がつき、「どうにかして、洋服にかける時間とお金を減らせないか?」と思うようになりました。

色々調べていく中で、ミニマリストという存在に行き着き「自分が求めているのはこれかもしれない」と心が動いたことから、私服を制服化することに。

そこから2年ほど経ちますが、今でも私服は制服化を続けていて、洋服にかける時間とお金を最小化できています。

では次に、私服を2年間制服化してきた僕の、実際に来ている服をご紹介します!

実際に着ている服

僕が今現在着ている服は、UNIQLO Uの白ロンTとUNIQLOの黒スキニーのみで、ロンTは4枚、黒スキニーは3枚同じ服を持っています。

夏は上が白Tになるだけなので、黒スキニーは年中通して使用することができ、持ち服を最小化するようにしています。


(夏は長袖が半袖になるだけです)

アウターはジャケット・ダウン・ロングコート、マウンテンパーカーのみ4つのみしか持っておらず、シチュエーションごとに使い分けたり、シンプルなデザインを選ぶことで、着回せるよう工夫しています。

例えば、冬に入る前は右上の「mont-bell スペリオダウン」を着て、かなり寒くなったら、左下の「UNIQLO ロングコート」の下にダウンを着るようにするなど、着回しを工夫しています。

また、服だけではなく靴も制服化しており、ほとんどの外出はコンバースのスニーカー、夏はサンダル、遠出やアウトドアはnew balanceを履くなど、用途別に靴を使い分けています。

このように、服や靴は制服化し、アウターも着回しを意識することで持ち物を減らすことができています

ミニマリストの服については、こちらの記事でも詳しく紹介しているため、気になる方は参考にしてみてください!

▼ミニマリストが着ている服はこちらから

大学生メンズミニマリストの服を公開!男性ミニマリストが持っている服とは?

私服を制服化するメリット

では次に、私服を制服化している僕が感じた、メリット・デメリットを書いていきます。

1. 服にかける時間とお金を節約できる

まず、私服を制服化することで流行りやトレンドを追いかけることがなくなり、ネットで服を探したり、ファッション雑誌を読む時間がなくなります。

僕は服を制服化することで余分な時間が増え、本を読むことが多くなったり、ブログを書く時間が増えました

このように服を選ぶ時間がなくなれば、その時間を読書やニュースを見るなど自己投資の時間が増えたり、映画やゲームなど趣味の時間に使うことができます。

また、着る服が同じだと衝動買いすることがなくなり、自分に合った服だけを選ぶので、ハズレ服を買って無駄遣いすることもなく、自然とお金が増えていきます

服を選ぶことに時間とお金を使うよりも、読書をしたり自分の趣味や副業に時間を使った方が、将来的に得られることも大きいですよね。

2. クローゼットに余裕ができる

服を制服化すると服の枚数も減るため、クローゼットに余裕ができます。

僕の場合、ミニマリストになってからたくさんの服を断捨離し、私服の制服化で必要な服だけを残したため、収納する服がかなり減りました。

▼服の断捨離方法はこちらから

捨てられないがなくなる!ミニマリストが教える断捨離すべき5つの服とは?

また、服が減ってから気づいたのですが、クローゼットや収納に余裕が生まれると、自然と1つ1つの服を綺麗に収納するようになり、気持ちにも余裕が生まれます

綺麗に収納されている服・アイロンをしっかりかけてシャツを見ると、服に対する満足感も高くなり、自分の服がより一層好きになりました。

3. おしゃれになる

これは僕も驚きだったのですが、おしゃれを意識していたときより、ミニマリストになってからの方が「意外とおしゃれだよね」と言われる回数が増えました。

例えば、以前の僕は流行やトレンドに流され、”誰かが良いと思った服”ばかり着ていましたが、私服の制服化をしてからは”自分が良いと思った服”だけを着るようになりました。

自分が本当に良いと思った服を着ていると、常にエース級の服しか残らないため、気づかないうちにおしゃれに近づいていたのかもしれませんね。

また、私服を制服化すると1つの服にかけるお金の額も上がるため、値段を気にせず自分が欲しいと思った服を買えるようになります

値段を気にして妥協した服を買っていたときよりも、本当に自分に合った服を選べるようになるので、自然と服に対する満足感も上がります。

4. 同じ服を着ることが個性になる

僕自身、自己紹介の際「ミニマリストで毎日同じ服を着ている」ことを明かしていたら、初対面の人でも「毎日同じ服を着ている人」と覚えてくれるようになりました。

毎日同じ服を着るのって初めは恥ずかしいですが、自分から明かすことで相手に覚えてもらいやすくなり、逆に同じ服しか着ないことが自分の個性になります

それに、3でも書きましたが、自分が好きな服だけを着ると自然とおしゃれになるため、毎日同じ服を着ていても苦になりません。

私服を制服化するデメリット

周りからツッコまれることが多い

自分から明かしても明かさなくても、毎日同じ服を着ていれば相手は気がつくため、「なんで同じ服を着ているの?」「服って何枚持ってるの?」など、私服の制服化について聞かれることが多くなります。

僕自身も、会う人会う人に同じ質問をされる時期がありました。笑

そのため、答えるのがめんどくさい方にとって、何度も自分の服について聞かれるのはしんどいですよね。

ただ、メリットでも書きましたが、そうでない人にとっては自分の個性になり、相手とのコミュニケーションも弾むため、大きなデメリットにはならないでしょう。

服が痛むのが早い

私服の制服化をすると、同じ服を3~4枚で回すので洗濯回数が増え、服が痛みやすくなります。

僕の場合、特にパンツが半年くらいで痛んでしまうので、1年に2回ほど買い替えています。

ただ、ハズレ服を選んでしまったり、余計に服を購入するなどの無駄遣いもなくなるため、デメリットよりもメリットの方が大きく、むしろお金は以前より増えていきます。

まとめ

以上が「ミニマリストが私服の制服化を2年間した結果|メリット・デメリットもご紹介!」についてでした。

僕自身、おしゃれになりたいと思っていた頃は、「周りの人よりおしゃれに見られたい」と他人軸で服を選んでいました、

しかし、私服を制服化した今は「自分が好きな服を選びたい」と自分軸で服を選ぶことができ、自分の服に自信を持つことができています

「服にかける時間とお金を節約したい」
「服をシンプルにしておしゃれになりたい」

と思っている方は、ぜひ私服の制服化を実践してみてください!

▼ミニマリストが着ている服

大学生メンズミニマリストの服を公開!男性ミニマリストが持っている服とは?

▼ミニマリストの持ち物

【持ち物公開!】男性ミニマリストブロガーのバッグの中身をご紹介!

▼ミニマリストにおすすめの財布10選

【小さい・薄い】ミニマリストにおすすめしたい財布10選をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です