社会に出て役立つ!大学生におすすめしたい本15選を現役大学生がご紹介

本を読みたけどなかなか良書に出会えない…
今のうちに読書をして周りと差をつけておきたい!

いざ読書をしようと考えてもこのような悩みにぶつかることや、読書を通して成長した大学生は本当に多いです。

実際に僕も、読書を始めた頃は良書と出会うことができず、時間とお金だけがなくなっていきました。

そこで今回は、月に10冊以上の本を読む現役大学が教える、大学生におすすめしたい本15選をご紹介します!

今回は難解なビジネス書や知識本ではなく「入門書的でスラスラ読める」「社会人になる前に読んだら差がつく本」などをピックアップし、読書が苦手な方や高校生でも読みやすい本ばかりなので、ぜひみてください!

読書初心者の方にまずは読んで欲しい5冊!

1. 金持ち父さん、貧乏父さん

 

金持ち父さん、貧乏父さんを知っている大学生は多いと思います。

僕は高校1年生の時にこの本に出会い、「働く以外にお金を稼ぐ方法があったのか!」と衝撃を受けて絶対に金持ちになると思いました。

MEMO
・なぜ貧乏人はラットレースにハマってしまうのか?
・お金持ちは「自分で稼ぐ」のではなく、「お金に働いてもらう」

など、学校では絶対に学ぶことのできない「お金のリアル」について学ぶことができます

お金とは何か?、貧乏な人生を変えたい!と思っている大学生にはぜひ読んでほしい1冊です!

2. 自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)
四角大輔
サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 8,895

 

この本は20代で身につけるべきこと、ではなく捨てるべきことにフォーカスを当てた本です。

僕たちは将来のために成長しよう、幸せな人生を掴みたいと思ったとき「今の自分はまだまだだからやるべきことが多すぎる。」と悩んでしまいます。

この本は、そんな「足し算の思考」とは逆の「引き算の思考」が紹介されており『人生で本当に必要なこと』がわかるようになります

MEMO
・大きな家や高級な車はいるのか?
・就職することが果たして正解なのか?
・なんとなく付き合っている友人は必要なのか?

など、人生で捨てるべきことを今一度確認してみましょう。

3. 自分の小さな『箱』から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンジャー インスティチュート 金森 重樹 冨永 星
大和書房
売り上げランキング: 987

 

人間関係の問題は多くの場合、相手ではなく自分に問題があります。

「そんなこと言われても、相手が悪いことだってある」と思う方もいるでしょうが、結論だけ言うと、僕たちは世界を自分の都合の良い状態に見てしまい、事実を受け入れることができていないのです。

筆者はこの偏見を持った見方を『箱』と表現し、「人間関係で問題を起こすのは、その人が自身で『小さな箱』に入っているからだ」と言います。

内容もストーリー形式で読みやすい本になっているため、人間関係に疲れている人は一読してみましょう!

4. ゼロ秒思考

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング
赤羽 雄二
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1,757

 

みなさんは「人前で上手く話せない」「自分の意見が相手に伝わらなくてつらい」という経験はありませんか?

実は、話が下手な人や相手に自分の考えが伝わらない人は、生まれつきや頭の良し悪しではなく単に『思考力が低いだけ』なのです

つまり思考力を上げれば相手に自分の意見は伝わり、話も自然に上手くいきます。

その「思考力を劇的に上げる方法」がこのゼロ秒思考で紹介されており、その方法も「一日A4紙10枚に自分の感じたことを書くだけ」ととても簡単です。

コミュニケーションや相手に考えを伝えるのが苦手な大学生は、まずはこの本を読むべきでしょう!

5. レバレッジリーディング

レバレッジ・リーディング
本田 直之
東洋経済新報社
売り上げランキング: 3,762

 

この本を一言で言うと「本を読むための本」です。

例えば野球選手が闇雲にバットを降っても全然上手くはならないのと同じで、本もただ数を読めば賢くなるわけではありません。

本は正しい方法で読まなければ意味がありませんし、自分に合った本が選べなければお金と時間の無駄です。

レバレッジリーディングでは読書初心者でもわかりやすいよう、力がつく本の読み方や選び方などが紹介されており、本を読んだ後の成長速度が2倍にも3倍にもなります

これから読書を始めようとしている方や、なんだか読書が上手くいっていない方はぜひこの本を読んでみてください!

これからの生き方や働き方についておすすめ5冊!

6. モチベーション革命

 

お金を稼ぐために我慢してでも働くべきだ!」みなさんは、このような考えを正しいと思えますか?

僕たち平成生まれの若い世代と昭和生まれのおじさん世代では、仕事に対するモチベーションが違います

おじさん世代は出世をして大きな家や高級車を買うことがモチベーションでしたが、今の若者ややりがいや生きがいを感じられる仕事がしたい。

この本は、世代間で起こるモチベーションについてわかりやすく説明され、若い人はどう仕事に向き合えば良いのか?の悩みも解決することができます。

7. 人を動かす

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

posted with amazlet at 19.02.03
D・カーネギー
創元社
売り上げランキング: 169

 

みなさんはD・カーネギーという人物をご存知でしょうか?

社会人やビジネスパーソンになる上で、D・カーネギーを知らない、または読んだことがないのはかなりやばいかもしれません

この本は各種言語に翻訳され、累計で1,500万部を超える大ベストセラーになっており、かの投資家、ウォーレンバフェットもカーネギーの話し方講座を受講し、スピーチが劇的に変わったというエピソードもあります。

働く上で、人を動かし正しくコミュニケーションを取ることは、優秀なビジネスパーソンに必須なスキルです

この本はprime会員なら無料で見れるため、大学生の方でまだこの本を読んだことがない方は、必ず読んでおくべき1冊でしょう!

Prime Studentを試してみる

8. NEW ELITE

ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち
ピョートル・フェリクス・グジバチ
大和書房
売り上げランキング: 6,027

 

私たちはどのように働き、どんな人が社会で評価されるのか

これまでは、学歴が高く大企業に入るのがエリートされていましたが、インターネットが発達しグローバル化された社会ではエリートの定義が変わりました。

この本は元Googleで働いていたピョートルクチバシさんが「これからの時代をリードする人材」について語っています。

会社から給料をもらって飼い殺される、自分の市場価値を爆上げしたい方におすすめです。

9. マレーシアの大富豪

マレーシア大富豪の教え

マレーシア大富豪の教え

posted with amazlet at 19.02.03
小西 史彦
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1,948

 

あなたは正しい場所で戦っているか?

筆者の小西史彦さんは、24歳のときに無一文で日本を飛び出しマレーシアに渡り、1代で上場企業を含む50社の一大グループを築き上げた超人です。

本書では「持たざる者」が成功するにはどうしたら良いか?どうすれば勝てる場所を見つけることができるのか?など、小西さんの実体験を用いた成功メソッドがこれでもかと詰め込まれています。

これからの社会人となる大学生には、この本を読むことで「勝てる戦い方」を知ることができるでしょう。

10. お金2.0

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)
幻冬舎 (2017-11-29)
売り上げランキング: 218

 

フィンテック・仮想通貨・評価経済など、現代は恐ろしいスピードで変化を繰り返し、お金の形や価値も昔と比べてかなり変わってしまいました。

この本では、これから訪れる新しい経済」「お金に価値がなくなった後の世界」などについて実に詳しく書かれています。

資本主義から評価経済に変わろうとしている現代で、これからの生き方や価値を生み出す方法などを学ぶことができるでしょう。

成功するためのハウツー本5冊!

11. メモの魔力

 

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)
前田 裕二
幻冬舎 (2018-12-24)
売り上げランキング: 28

 

僕もこの本を読んだのですが、この本を読む前と後では物事に対する見方や思考力が全く変わりました

本書でも紹介されていますが、前田さんはメモをする際「出来事(ファクト)→抽象→転用」の順番で感じたことをメモします。

すなわち、今までは物事に対して「楽しかった」「なんだかもやもやする」で終わらせてたことを「なぜ楽しかったのか?何にもやもやするのか?」とメモすることで、物事を深掘ることができます。

この本を読む前と後では、物事に対する見方が180度変わるので、成功したい大学生にはぜひとも読んで欲しいです!

12. アウトプット大全

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)
樺沢紫苑
サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 26

 

本やニュースをインプットしてるだけじゃもったいない

僕はこの本を読んで、いかに多くの人が知識をインプットしただけで満足しているのか、アウトプットをしないと成長しないのかがわかりました。

あなたは本を読んで知った気になったり、ニュースを知っているだけで満足していませんか?

そんな頭でっかちになっている人は、すぐにこの本を読んで思考力を身につけるべきです!

【アウトプット大全 書評】人生を変えるのはアウトプットだけだと感じた

13. 自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

posted with amazlet at 19.02.03
メンタリストDaiGo
かんき出版 (2016-05-27)
売り上げランキング: 412

 

集中力は頭の良さや生まれ持った才能ではない。

多くの人が「集中力=頭の良さor才能」だと考えがちですが、実は集中力は鍛えることによって誰でも身につけることができます

本書ではメンタリストDaigoさん流の集中力を鍛える方法や、今日からでもできる実践術などが紹介されています。

集中力をなんとか高めたい、少ない時間で大きな成果を出したい方におすすめしたい1冊です。

集中力を上げたい人必見!Daigoさんの「自分を操る超集中力」を書評

14. 「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!
コグニティブリサーチラボ株式会社 (2014-04-14)
売り上げランキング: 64

MEMO
・頭の中がゴチャゴチャしている

・仕事や勉強の途中ですぐにほかのことを考えてしまう

このような悩みや私たちの集中力、思考力、生産性、生きるための活力を奪っているのは「頭のゴミ」が原因です。

要するに世の中の大半の人は、考えても仕方ないことに意識を使い、本来気にしないくても良いことに注意を払ってしまいます。

そんな頭のゴミを捨てることで脳がスッキリし、自分な好きなことややるべきことを実行できるようになるのがこの本です

この本はkindle unlimitedで見ることができるので、会員の方はぜひ読んでみてください。

kindle unlimitedを試してみる

15. 生産性

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
伊賀 泰代
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1,980

みなさんは「生産性をあげてください」と言われたらどんなことを思い浮かべますか?

実は多くの日本企業は生産性を上げる仕方を理解しておらず、短期的に人件費を削ったり、労働時間を削ることしかできていません。

本書ではそんな小手先のテクニックではなく、「時間をかけずに成果を最大化するにはどうしたら良いか」という生産性の本質が書かれています。

僕もこの本を読んで実際にインターン先で無駄な業務を無くし、効果が出ることだけを優先的にする習慣がついたので、社会人になる人本当におすすめしたい1冊です!

まとめ

以上が「社会に出て役立つ!大学生におすすめしたい本15選を現役大学生がご紹介」についてでした。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

これは初代ドイツ帝国宰相のビスマルクが言っている言葉です。

読書は過去の偉人や賢者の思考を学ぶことができ、私たちはその思考を現代に活かすことで、より良い人生を送ることができます

僕自身、19歳になってから本格的に読書を始めたのですが、本を読む前と後の人生では見える世界が180度変わり、圧倒的に人生が生きやすくなりました。

ぜひ大学生のみなさんは読書を通して、よりより生き方・働き方を模索してみてはいかがでしょうか!

見れば人生が変わるTEDおすすめ7選!特に大学生やTED初心者は必見!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です