【書評・要約】インプットの97%は無駄?「インプット大全」で無駄な情報を断捨離しよう!

MEMO
「本やニュースはたくさん読むけど、量のわりに質が良くない…」
「全部の情報が大事に見えてしまい、情報の取捨選択が上手くできない…」

僕自身、最近このような悩みを抱えており、「何か効率的なインプットの仕方はないかな?」と考えていました。

そこで見つけたのが、あの「アウトプット大全」で一躍有名になった樺沢先生が新しく出版した本「インプット大全」。

アウトプット大全は僕も以前読んでおり、あの本を読んでからアウトプットの重要性を学んだため、今回も迷わず購入しました。

▼アウトプット大全の書評記事はこちらから

【アウトプット大全 書評】人生を変えるのはアウトプットだけだと感じた

そこで今回は、僕がインプット大全を読んだ感想や書評、簡単なまとめなどをご紹介していきます!

もしインプットの方法に悩んでいる、より効率的にインプットを行いたいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください!

インプットの97%は無駄

私たちはスマホやパソコンを使って、ネットから膨大な情報を得ており、例えば、1日30分で20個の情報を得ていた場合、1週間で140個もの情報を得ているのです。

しかし、ある実験では、「ここ1週間で見たニュース、情報、ブログを覚えてる限り思い出してください。」と被験者に聞いた際、平均:約140個もの情報に接触しているのにも関わらず、そのうち思い出すことができる数の平均:約3.9個だったそうです。

これを計算すると、140÷4=0.028となるため、約3%の情報吸収率しかなく、驚くことにおよそ97%のインプットは無駄ということになります。

つまり、私たちがインプットしている情報は、なんの成果も生まない「究極の時間の無駄遣い」になっているのです。

また、このような間違ったインプットを行っていれば、もちろん質の良いインプットを行うことができず、アウトプットの質も落ちてしまいます。

多くの人に、アウトプットの重要性が浸透しましたが、実はインプットとアウトプットは表裏一体であり、車の両輪のような関係です。

「貧弱なインプット」の人がどれだけアウトプットをがんばっても、「貧弱なアウトプット」しかできません。

これを知ったとき、「せっかくアウトプット大全読んだのに、今までのアウトプットは貧弱だったのか…」とショックを受けました。笑

インプットとアウトプットは表裏一体であり、インプットを強化しなければアウトプットの質も上がらないため、私たちはインプットの質を向上させる必要があるのです。

正しいインプットとは?

では、正しいインプットとはどのようなものでしょうか?

こう聞かれた場合、おそらく、多くの方が本やニュースを読むことや、人の話を聞くことをインプットだと思っていますが、実はそれでは不十分です。

本書では、「インプット=情報の入力」と表現されており、脳の中に情報が入って、止まっていなければ「入力(インプット)」ではないのです。

インプットとは、脳の中に情報が入って(INする)、情報が置かれる(PUTする)。情報がインして、プットして、初めて「インプット」と言えます。

つまり、人の話を何時間聞いても、記憶に止まっていなければなんの意味もないのです。

つまり、インプットを「ただ情報を知った・聞いた」に留めるのではなく、脳の中にINして、情報をいつでも引き出せるようにして、初めて正しくインプットされたと言えるのです。

正しいインプット術を行うには、まずは正しいインプットの定義を理解しておきましょう。

では次に、「じゃあ、どうやってインプットの質をあげれば良いのか?」という悩みを解決するため、効果的な5つのインプット術を本書からご紹介していきます!

効果的な5つのインプット術

1. インプットは「量」より「質」を重視

多くの人が陥ってしまい間違ったインプットの仕方として、とにかくより多くの情報を得ようとしますが、その方法は大きな間違いです。

インプットにおいて、「量」と「質」のどちらが大切でしょうか?

答えは「質」です。しかし、ほとんどの人は、「質」はそっちのけで、「量」を目指しています。それが、あなたが自己成長できない理由のひとつかもしれません。

書店に行くと 、 「読書をしたらアウトプットをしよう 」という 「アウトプット読書術 」の本が増えているものの 、 「速読 」 「多読 」をすすめる昔ながらの読書術の本が 、依然としてたくさん出ています 。

つまり 、インプットの量を求めたい人がまだまだ多いということ 。 「たくさん読めば 、自己成長できる 」という間違った幻想に支配されている人が多いのです。

これは僕も思い当たる節があり、「このニュースも抑えておかないと」「周りの人が知っていることは自分も知っておくべき」と勘違いし、「量」を重視したインプットを行っていました。

しかし、インプットで重要なのは「量」よりも「質」。

これは読書に例えると、内容の薄いハズレ本を100冊読むよりも、質の高いアタリ本を10冊読んだ方が「気づき」や「具体的にやるべきこと」をたくさん得ることができ、自己成長は大きいのです。

つまり、インプットは「質」が先で、「量」はあと

やみくもに「量」だけを増やしてインプットしても意味がなく、まずは「質」を上げ、その上で「量」を確保することが効果的なインプットを行う第一歩だと言えるでしょう。

2. 「本当に必要な情報」以外は捨てる勇気を持つ

冒頭でも説明しましたが、私たちは1週間で140近い情報に触れているのにも関わらず、覚えているのはその中でわずか約3.9個、実に97%のインプットは無駄になっています。

1ではインプットの質の重要性を話しましたが、質を上げるとは「インプットの精度を高める」とも言い換えることができ、そのためには必要のない情報」を捨てる必要があります。

自分にとって「本当に必要な情報・知識」に狙いを定めて、ピンポイントで集めることで、時間を短縮でき、アウトプットも効率的に行えるようになります。

情報を選択し、仕分けしましょう。

そもそも「必要のない情報」は、「見ない」「接触しない」、つまり情報を捨てる努力が必須なのです。

僕自身もミニマリストのため、モノの断捨離はしていたのですが、情報の断捨離も正しいインプットをするためには必要と知り、まさに目から鱗でした。

モノを断捨離すると「選択と集中」が上手くなるため,1つ1つのモノの質が高まります。

インプットもこれと同じで、情報の「選択と集中」を行うことで無駄な情報が入ってこなくなり、1つ1つの情報の質が高まるのだと理解できました。

情報は闇雲にたくさん集めるのではなく、「今の自分に必要な情報」のみを選択し、それ以外は捨てる勇気を持つことで、正しいインプットができるようになるのです。

3. 「インプット」と「目標設定」はセットに

情報の質を高める、無駄な情報は捨てることができたら、次はインプットに目標をつけることを意識しましょう。

たとえば、「なぜ英語を勉強しているのですか?」と聞かれた場合、「将来役に立つかもしれないから」と答えるのは一番やってはいけないインプット術です。

インプットの目標が曖昧だと、自分がどこに向かっているのかわからず、インプットの制度も上がらないまま、まったく自己成長が期待できません

勉強する場合、本を読む場合、講座を受講する場合。何かを学んだり、インプットしたりするときは、必ず「方向性」と「ゴール」を設定してください。たった10秒のワークですが、インプットの精度が飛躍的に高まります。

つまり、インプットを行うには必ず「方向性」と「ゴール」を設定し、「インプットした後に自分はどうなっていたいのか?」をより具体的にイメージするワークが必要になります。

先ほどの英語学習を例にとって、「なぜ英語を勉強するのか」を改めて考え直してみた場合、

仮に「留学に行きたい!」という目標を持っていたら、「英語」がメインのキーワード、「留学」が方向性を示すキーワードになります。

そのうえで、よりゴールを明確にするため、「ワーキング・ホリデーでオーストラリアに行きたい!」と目標を具体的に定めると、そのために必要な英語力はおよそ450点だと分かりました。

最後に、「じゃあ半年後の2020年3月までには達成しよう!」と具体的な期限を決め、ここで初めて質の高いインプットができるようになるのです。

「ちょっとめんどうかも…」と思ってしまいますが、これをやるだけでインプットの質が上がることは間違いないし、具体的な「ゴール」と「期限」は目標達成のスピードが劇的に変わるはずです

インプットを行う前には必ず目標設定もセットで行うようにし、適切な情報を選択しましょう。

4. 自分にとって必要な情報だけを集める

毎日、ネットで「芸能人のゴシップ」「経済・政治動向」など、膨大なニュースが溢れる中、本当に必要な情報だけを集めるには、「自分の興味・関心」を理解しておくことが重要です。

あなたが興味、関心のあるものを3つあげてください。

この問いに一瞬で答えられたあなたは、興味・関心のアンテナが立っています。すでに上手なインプット術を行なっているといえるでしょう。

答えるのに10秒以上かかった方は、「ザル読み、ザル聞き、ザル見」の世界の住人かもしれません。

僕もこれをやってみたのですが、「ミニマリスト」と「Webマーケティング」しか挙がらず、興味・関心のアンテナが立ってないと少しショックでした。笑

つまり、必要な情報だけを集めるには、あらかじめ「興味・関心のあるキーワード」を挙げておくことで、自分の欲しい情報が可視化され、その情報だけに目がいくようになるのです

具体的な方法としては、Googleアラートでキーワードを設定し、毎日メールでキーワードに沿った記事が通知されるようにしたり、Feedlyを使って興味・関心のあるメディアだけを登録するなどの方法もおすすめです。

まずは具体的に「興味・関心のあるキーワード」を可視化し、キーワードが自然と自分の目に入るような流れを作ってみましょう。

5. アウトプット前提でインプットをする

最後は、アウトプット前提でインプットを行うことです。

個人的には、僕はこの方法が最も重要だと感じました

例えば、映画を観に行く場合、「その映画、どうだった?」と聞かれて「めちゃくちゃ良かったよ!」とだけ答えても、アウトプットはたったの「3秒」だけです。

冒頭でも書きましたが、インプットとは情報がINされ、PUTされている状態なので、これでは2時間の映画から「3秒」しかインプットできていません。

アウトプットできた量がインプット量に相当するので、その人のインプット量はたったの「3秒」分しかなかった、ということになります。

しかし、そんな間違ったインプットもアウトプット前提にすることで、実に100倍もの効果を得られると筆者は言います。

たとえば、先ほどの映画鑑賞を例にとると、ただ映画を見るのではなく「終了後、一緒に観た友達と5分間ずつ感想を言い合う」とアウトプット前提で映画を観れば、最低でも5分間(300秒)のアウトプットを行うことになります。

300秒もアウトプットができれば、初めの「3秒」感想の100倍になるため、アウトプット前提のインプットはとても高い効果が得られるのです。

僕もこれを知ってからは、こうして読んだ本をブログにアウトプットしたり、読んだニュースは必ずメモを取るなど、アウトプット前提でインプットを行うようになりました。

具体的には、読んだニュースや本の感想をTwitterでシェアする、観た映画やドラマは必ず友達に1分間は話す、など簡単なアウトプットは今からでもできそうですよね。

アウトプット前提のインプットを意識するだけで、インプット量は100倍にも増えるため、ぜひ今日から実践してみましょう!

まとめ

以上が「【書評・要約】インプットの97%は無駄?「インプット大全」で無駄な情報を断捨離しよう!」についてでした。

最後に、僕がインプット大全を読んで実際に行動したTODOをまとめてみました。

TODO
・目的なく見ていたメディア、ニュースアプリを消去
・Googleアラートでキーワードを設定
・好きなサイトをFeedlyに登録
・ニュースを見たらメモアプリで必ずアウトプット
・本を読んだらブログに更新

情報の取捨選択に悩んでいた僕にとって、この本はインプットの仕方を変化させた1冊となり、まだ始めたばかりですが、徐々にインプットの質が高まっていると感じます

もしインプットの方法を変えたい方や、今のインプットの仕方に満足していない方は、本書を読んでインプットの方法を改善するきっかけにしてみてください!

▼アウトプット大全の書評記事はこちらから

【アウトプット大全 書評】人生を変えるのはアウトプットだけだと感じた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です