【iWALKレビュー】口紅ほどの極小さ&長持ち3300mAhのモバイルバッテリー

MEMO
おしゃれで小さいモバイルバッテリーを探している…
大きいサイズのモバイルバッテリーだと持ち歩きに不便…

この記事は、このような悩みを持っている方におすすめです。

僕も今まで、Anker PowerCore Fusion 5000を使っていたのですが、遠出するときや日帰りの旅行で持ち歩くには少々大きく、ちょうど良いサイズのモバイルバッテリーを探していました。

そこで見つけたのがiWALKモバイルバッテリー。

この記事では、ミニマリストの僕がiWALKモバイルバッテリーのレビューをしていきます!

iWALKモバイルバッテリー3300mahの概要

概要
価格:1,980円(税込)
容量:3300mha
重量:80g
大きさ:7.2 x 4.2 x 2.3 cm
対応端末:iPhone、iPad、AirPods

iWALKの特徴は何と言っても、ほぼリップクリームと同じくらいのコンパクトさと、80gという圧倒的軽さ。

ちなみに、Anker PowerCore Fusion 5000が189gなので、比較すると100g以上も軽くなります

さらに、この小ささで容量が3300mahあるため、iPhone一回分をフル充電でき、iWALK本体は約3.5時間でフル充電できちゃいます。

iPhoneの容量量の例
iPhone XR→2,942mAh
iPhone XS→2,658mAh
iPhone8→1,821mAh

iWALKモバイルバッテリー3300mahのサイズ感と特徴

手に持ってみたサイズ間はこんな感じで、「本当にモバイルバッテリーなのか?」と思うほど軽くて驚きました。

iWALK本体を充電するには左型についたLightningケーブルを使い、右側のボタンはiPhoneに繋げて押すことで充電が開始されます。

他のモバイルバッテリー同様、iPhone本体に充電しながらiWALK本体も同時に充電できます。

ポケットにも入るから、ちょっとしたお出かけで活躍

口紅ほどのサイズ感のため、ジャケットのポケットにも楽々入ります。

iWALKであればちょっとした遠出の際、iPhoneの充電を気にしたり、重いモバイルバッテリーを持つ必要がなくなるのは嬉しいですよね。

サコッシュにも入れやすいサイズ感で、以前までAnkerのモバイルバッテリーを持ち歩いていた僕としては荷物が軽くなって嬉しい限りです。

AirPodsとの相性も良い

もう1つiWALKの嬉しいポイントは、Lightningケーブルを使用するAirPodsとの相性が良いこと。

僕は普段、AirPodsで音楽や動画を見るため、iPhoneだけでなくAirPodsの充電もできるiWALKは、Appleユーザーにとっても相性の良いモバイルバッテリーと言えますね。

ただ、片手で操作するのが不便

iWALKを使用してわかったのが、iWALKを付けながらスマホを片手で操作しようとすると、落ちそうになるため操作がやや不便です。

他のモバイルバッテリーであれば、本体とケーブルが別々になっているため片手でも重さを感じませんが、iWALKは本体を直接スマホにさすため、重くて落としそうになります。

iWALKを付けながらスマホを使う時は、両手で使うなりして気をつけると良いでしょう。

まとめ

以上が「【iWALKレビュー】口紅ほどの極小さ&長持ち3300mAhのモバイルバッテリー」についてでした。

最後に、iWALKモバイルバッテリーの特徴を確認しておきましょう。

・口紅ほどの極小サイズ

・iPhone1回分を充電可能

・2,000円以下とコスパが高い

・Lightningケーブルのみ対応

重いモバイルバッテリーを持ち歩きたくない、おしゃれで小さいモバイルバッテリーを探している、という方はぜひ検討してみてください!

▼おすすめの小型モバイルバッテリー10選はこちら
【2019年版】おしゃれで軽い!おすすめの小型モバイルバッテリー10選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です