【実際に契約!】20歳の大学生が格安SIMのLINEモバイルを契約した結果

MEMO
月々の携帯料金が高い…

格安SIMに変えたいけどなんだか複雑でめんどくさい…

この記事はこのような悩みを持っている方におすすめです。

僕自身、大手携帯会社からLINEモバイルに変えたことで月額のスマホ代を約7,000円→1,690円に変えることができました

特に「新しく格安SIMに変えたい!」という大学生の方はLINEモバイルがおすすめです

今回は大学生の僕が実際にLINEモバイルを契約した際の、契約の仕方や気になる点などに答えていきます。

この記事を読むことで、格安SIMのめんどうな手続きやあらゆる不安を解消することができ、今日からあなたも格安SIMデビューをすることができるでしょう!

格安SIMにすると月々の支払いが2,000円以内に抑えられる!

以前の僕もそうだったのですが、多くの大学生は携帯の通信費に月々7,000~10,000円を払っていませんか?

実はそれすごいもったいないことです!

人って細かいポイントの有無とかは気にするのに、月々の固定費になると、途端にめんどくさがって高い料金を支払い続けるんですよね。

通信費もこれと同じで、大手の携帯会社を使う理由って、家族が入っていたからとか、なんか昔から入ってるから変えるのめんどくさい、という理由で月々高い料金を支払っている人が多いと思います。

しかし、格安SIMに変えた僕から言わせれば、大手通信会社の通信料は高すぎます。僕も前までは月々7,000円以上の通信料を払っていましたが、LINEモバイルに変えた今、月々の通信費の支払いは1,690円に収まってます

例えば、今まで月々の通信料を7,000円払っていた方がLINEモバイルに変えた場合

今までの通信料
7,000円×12ヶ月=84,000円
LINEモバイルの場合
1,690円×12ヶ月=20,280円
差額
84,000円-20,280円=63,720円/年

こうやって計算してみると驚きですが、格安SIMを利用する前の僕は年間で約60,000円以上も損をしていました!

逆に言えば、格安SIMに変えた今は年間60,000円以上もお小遣いが増え、その分のお金を自由に使うことができています

そのため、もし高すぎる通信費で悩んでいる方がいたら、今すぐ格安SIMへの変更を検討すべきだと僕は思います!

LINEモバイルの詳細はこちらから

僕がLINEモバイルを選んだ2つの理由

1. SNSが使い放題

LINEモバイルを選んだ1つ目の理由は「指定のSNSが使い放題」だったからです。

LINEモバイルで使い放題になるSNSは以下の5つです。

使い放題のSNS
・ LINE
・Twitter
・Facebook
・Instagram

特にInstagramやTwitterを頻繁に使う大学生にとっては、かなりありがたいサービスでしょう。

僕もSNSは頻繁に使用するため通信制限が気がかりだったのですが、LINEモバイルを使えばその心配も必要なくなりますよね。

2. 他社からの乗り換えで5,000円キャッシュバック!

注意
LINEモバイルのキャンペーン内容は頻繁に変更されるため、当サイトでも随時更新をしていますが、最新情報が気になる方は「LINEモバイル公式HP」をご覧ください。

LINEモバイルでは、キャンペーン期間中に、ウェブサイトからキャンペーンコードを入力すると、5,000LINEポイントが無料でもらえるキャンペーン(※10月1日現在)が行われています。

この特典をGETする方法はとてもシンプルで、以下の3つをクリアすることで簡単にGET可能です。

1.申し込みページでキャンペーンコード「1908WA05」を入力
2.申し込みページで音声通話SIMを選択
3.利用開始後、契約者連携をする

引用:LINEモバイル公式HP

さらに契約から5ヶ月間の通信費は半額になり、月々の通信費を抑えることも可能です。

仮に最も安価な月/1,690円のコミュニケーションプランを契約した場合、5ヶ月目までは半額の845円で利用できるため、お得に利用することができます。


キャンペーン期間中の価格

契約だけで5,000円キャッシュバックされ、月々の通信料が半額になるLINEモバイルはかなりなため、格安SIMを検討している方におすすめです!

LINEモバイルの詳細はこちらから

登録する前に必要な3つの手順

ここでは実際にLINEモバイルに登録する際の3つの手順をご紹介します。もし登録を考えている方は、このページを参考に進めてください!

1. MNP予約番号を発行する

MNPとは(モバイルナンバーポータビリティ)の略で、携帯電話番号をそのまま使って他社へ乗り換えるシステムのことを言います。

MNP予約番号は各携帯会社によって発行する方法が異なるため、ご自身が現在登録している携帯会社の方法を参考にしてください。

SoftBankの場合
SoftBankでMNP予約番号を知る方法は以下の3つです。
・携帯から:「*5533」に電話
・一般電話から:「0800-100-5533」に電話
・SoftBankショップに行き「予約番号を発行したい」と伝える
docomoの場合
docomoでMNP予約番号を知る方法は以下の4つです。
・携帯から:「151」に電話
・一般電話から:「0120-800-000」に電話
・パソコンから:My docomoにログイン
・docomoショップに行き「予約番号を発行したい」と伝える
auの場合
auでMNP予約番号を知る方法は以下の2つです。
・携帯、一般電話から:「0077-75470」に電話
・ auショップに行き「予約番号を発行したい」と伝える

参考元:https://www.softbank.jp/partners/guides/buy/preparation/mnp/

 

2. LINEモバイルに対応したスマホをゲットする

次に、LINEモバイルに対応したスマホを手に入れる必要があります。

LINEモバイルに対応したスマホは以下の3つです。

対応スマホ
・SIMフリーのスマホ
・docomoで契約したスマホ
・SoftBank、auのSIMロック解除したスマホ

この3つのどれかを満たしているスマホであれば、LINEモバイルと契約することができます。

僕の場合、LINEモバイルの前はソフトバンクと契約をしていたのですが、直接ソフトバンクに電話をし「SIMロック解除をお願いしたいのですが」と聞いたら、意外とすぐに対応してくれました。

ただ、SIMロック解除には多少の費用がかかるため、それぞれのキャリアについて事前に調べておくことをおすすめします。

3. クレジットカードかLINE Payカードを準備

最後に、LINEモバイルは銀行口座やデビットカードでは契約することができず、クレジットカードがLINE Payカードが必要になります。

ただ、「LINEモバイルに登録したいけど、クレジットカードを持ってない…と悩んでしまう学生さんも多いでしょう。

僕もLINEモバイルを契約するまでデビットカードで買い物をしていたため、クレジットカードを持っていませんでしたし、どのクレジットカードにすれば良いかめちゃくちゃ悩みました。

そんな悩んだ経験がある僕だからこそ、おすすめするクレジットカードは楽天カードです

楽天カードは大学生でも審査が通りやすく、申し込みから約2週間程度でカードが手元に届く人気のクレジットカードです。

もし、まだクレジットカードを持っていない方は、今すぐ無料で楽天カードを発行しましょう!

ミニマリストがおすすめするクレジットカードは『楽天カード』一択!

LINE公式ページからの申し込み方法

登録に必要なものがわかったところで、ここからは実際に僕がLINEモバイルを契約した流れをご紹介していきます。

1. LINEモバイル 公式ページの右上にある「申し込む」をクリック

2. 注意書を読み、同意をして申し込みを始める

3. 申し込み方法を入力し、キャンペーンコード「1908WA05」を入力

注意
ここでキャンペーンコード「1908WA05」を入力しないと、5,000円キャッシュバックをゲットできないので気をつけましょう。

4. 回線とプランを選択する

おすすめはコミュニケーションフリーの3GBか5GBです。

ただ、3GBか5GBだとすぐに通信制限になる可能性もあるため、通信料を多く使いたい方は7GBか10GBに上げるか、ポケットWi-Fiと兼用することをおすすめします。

5. サービスタイプと通話サービスを選びましょう

注意
サービスタイプで「音声通話SIM」を選択しないと今回のキャンペーンを受けられないため、必ず選択しましょう。

6. 申し込み区分を選び、取得したMNP予約番号を入力します

7. 使っている端末(iPhoneかAndroid)を選びます

8. 申し込みたい場合はオプションを追加

個人的には「端末保証オプション」だけでの追加で良いと思います。

ちなみに僕は、『今までiPhoneを割ったことがない』という謎の自身で1つも追加しなかったのですが、その後、画面を割ってしまったので、「端末保証オプション」は付けておいた方が良いと思います。笑

9. プランの選択が完了したら「お客様情報」を入力し、メールアドレスの確認を行います

メールが届いたら確認時に、身分証明書を撮影したデータを送って契約完了です。

LINEモバイルの申し込みはこちらから

それでも不安な方へ!実際に契約した僕がQ&A形式で不安に答えます

Q:実際に使ってみて通信速度はどうなの?

実際に僕が使った印象では、通信速度は大手携帯会社よりはやや劣ると感じています。

というのも、LINEモバイルは大手携帯会社の回線の1部を借りているだけのため、回線数は大手携帯会社よりは少なくなります。

回線数が少なければ、たくさんの人が利用する昼頃や回線が入りづらい地下鉄の場合、通信速度がやや遅くなります。

ただ、大手と比べてやや劣る程度のため、よっぽど回線が混まない限りはストレスを感じることはないです

Q:すぐ速度制限になったりしない?

速度制限に関してですが、いくらSNSが使い放題とはいえ、確かに3GB・5GBだと速度制限になる恐れは高いです。

もし「3GB・5GBで容量が足りない」と困った場合は、契約後に無料で容量を変更できるため、契約変更することをおすすめします。

または、ポケットWi-Fiを別で契約することもおすすめです。僕の場合、外でパソコンを使うことがよくあるため、ポケットWi-FiのWiMAXを契約しています。

WiMAXだと月々に使えるデータ量が無制限のため、パソコンでもスマホでも容量を気にせずに使用することができるのでとても便利です。

ミニマリストにおすすめのWi-Fi!Broad WiMAXを選ぶべき理由とは?!

Q:LINEモバイルも2年縛りがあるの?

LINEモバイルは大手携帯キャリアとは異なり2年縛りがないため、仮にLINEモバイルが気に入らなくてもすぐに解約することができます。

この点は、大手携帯キャリアと比べてかなりメリットが大きいところですよね。

Q:未成年者でも契約できる?

原則、未成年者でも18歳以上(高校3年生も含む)の方であれば契約することは可能です。

しかし、契約時は親権者の同意書が必要になったり、クレジットカードを準備する必要があるため、気になる方は以下の記事を参考にしてください。

【高校生でも契約可能】未成年者がLINEモバイルに契約する方法をご紹介!

Q:スマホ本体が壊れたときの保証はどうなるの?

LINEモバイルは『端末保証プラン』の保証に入れば、大手契約会社のときと同じようにスマホ本体が壊れたとしても保証金が出ます

『端末保証プラン』は契約時しか入れない場合が多いため、スマホ本体を壊す心配がある方は入っておくべきでしょう。

Q:LINEモバイル以外の格安SIMじゃダメなの?

LINEモバイル以外の格安SIMでも問題はありません。

ただ、安いだけで通信速度が遅い、他社と比べて付帯サービスが少ない、など企業によって特徴が異なるため事前調査が重要になります。

契約する際には、その企業をしっかり調べた上で契約するようにしましょう。

【まとめ】LINEモバイルで携帯代をお得に!

以上が「【実際に契約!】20歳の大学生が格安SIMのLINEモバイルを契約した結果」についてでした。

格安SIM導入後の僕は、今まで携帯代で消耗していたお金を別の趣味や好きことに使うことができ、自由に使えるお金の幅が増えています。

めんどくさがって大手携帯会社の高い料金を払い続けるのは、とてももったいないことです

月々の通信料を安くしたい方や、無駄に通信費を払い続けたくない方は、今すぐLINEモバイルに変更してみましょう!

LINEモバイルの詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です