【高校生でも契約可能】未成年者がLINEモバイルに契約する方法をご紹介!

僕は現在大学生なのですが、もし自分が未成年だったら大手携帯キャリアで高い通信料を払うのなんてバカバカしいので、今すぐにでも格安SIMに変えたいと思っていたでしょう。

ただ、未成年者が格安SIMを契約する際、「クレジットカードはどうすれば良いの?」「親の同意は必要?」「高校生だけどそもそも契約できるのか?」など、めんどくさいことが多いですよね。

そこでこの記事では、LINEモバイルを使っている僕が、未成年者がLINEモバイルに登録する方法や、必要なものなどについて徹底解説していきます!

もし、「このまま高い通信費を払い続けるのは絶対嫌だ!」と考えている方は、この記事を読むことでその悩みを解決することができるでしょう。

LINEモバイルは18歳以上で契約できる

まず結論から言ってしまうと、LINEモバイル未成年でも18歳以上であれば契約することができます。もちろん、高校生であっても18歳以上であれば契約することが可能です。

ただ、未成年者と20歳以上の場合、契約時に必要なものが異なるためLINEモバイルを契約したい未成年の方は、契約前に必要なものを確認しておきましょう。

未成年者が契約する際に必要な2つのもの

未成年者がLINEモバイルを契約する際に必要なものは、親権者の同意書とクレジットカード・LINEペイカードです

親権者の同意書

まず親権者同意についてですが、LINEモバイルは全てネット上で申込みが可能なため、同意した書類を送付するわけではなく、申し込み画面でチェックを入れるだけです

ただ、書類がないからと言ってズルはせず、チェックを入れる前は、必ず親御さんに同意はもらっておきましょう。笑

クレジットカード・LINEペイカード

2つ目は、LINEモバイルの通信料を払うためにクレジットカードかLINEペイカードが必要になります。

もしあなたが、高校を卒業している18歳、19歳であればクレジットカードをおすすめしますが、現在高校3年生であればクレジットカードを作成することは不可能なため、LINEペイカードを作成する必要があります。

LINEペイカードとは、 LINEが発行しているプリペイドカードのことで、SuicaやPASMOのように必要な金額をチャージして、チャージされた金額を使うことができます。

チャージ残高はLINE公式アプリから確認することができ、オートチャージ機能を使えば設定金額を下回るごとに、自動でチャージすることも可能です。


アプリで残高を確認

クレジットカードとの違いを簡単にいうと、クレジットカードは手元にお金がなくても利用限度額までは借金できるのに対し、プリペイドカードはチャージされた金額のみ利用できる点です

ただし、LINEペイカードはJCBカード扱いのため、国内外のJCB加盟店3,000万店で使用することができ、クレジットカードのように審査がなく、誰でも発行できるのが特徴です。

わかりやすいよう、クレジットカードとLINEペイカードの比較を表にしたのが以下です。

 
クレジットカード LINEペイカード
登録年齢 18歳以上 何歳でも可能
審査 有り なし
支払い方法 自動引き落とし その都度チャージ

以上のことから、高校を卒業した18歳、19歳の方はクレジットカードを、18歳でも高校生の方はLINEぺイカードを作ることをおすすめします。

▼LINEモバイルの詳しい契約方法はこちら
【高校生でも契約可能】未成年者がLINEモバイルに契約する方法をご紹介!

LINEモバイルの詳細はこちら

大学生であればこの機会にクレジットカードを作るべき

ついでに、大学生の僕だから言えることなのですが、18歳や19歳でも高校を卒業している方であれば、クレジットカードを持っておくべきです。

というのも、今回のLINEモバイルの登録以外にも、旅行先の登録やAmazonやメルカリの登録、その他ネット上で買い物をする際など、この先あらゆる面でクレジットカードが必要になってきます

僕も初めてクレジットカードを作ったのは20歳の時だったのですが、「もっと早く作っておけば良かった…」と今ではとても後悔しています。

あらゆる支払いに対応でき、ポイント還元などを考えてもクレジットカードを作成しておくメリットは十分あるため、LINEモバイルを契約する方はクレジットカードも一緒に作るべきでしょう!

また、「どのクレジットカードを選べばいいのかわからない…」という方におすすめなのが楽天カードです。

楽天カードは無料で発行でき学生の方でも審査が通りやすく、どの支払いでも1%のポイント還元がつくため、他の無料カードと比べてポイント還元率が高いのが特徴的。

また、溜まったポイントは楽天市場で使うことができ、入会だけで5,000円分のポイントがもらえます。

楽天カードのメリットや詳しい登録方法は、下記の記事で紹介しているので、気になる方はこちらもご覧ください。

ミニマリストがおすすめするクレジットカードは『楽天カード』一択!

18歳未満(高校生や中学生)はLINEモバイルと契約できないのか?

最後に、18歳未満(高校生や中学生)の契約についてですが、結論から言うと18歳未満の方はLINEモバイルと契約することはできません

と言うのも、LINEモバイルの公式HPを見ると契約は18歳以上からとなっており、仮にLINEペイカードを持っていても、18歳未満であれば契約することは不可能です。

LINEモバイル公式HP(よくある質問より)

ただ、契約者を18歳以上の人(親など)にして、利用者を自分にすれば実質的にLINEモバイルを使用することはできます。

そのため、どうしても18歳未満でLINEモバイルを使用したい方は、親に契約者になってもらうことを頼み、支払いは自分で行うなどで対応しましょう。

まとめ

以上が「【高校生でも契約可能】未成年者がLINEモバイルに契約する方法をご紹介!」についてでした。

LINEモバイルは高校生でも18歳以上であれば契約することができ、クレジットカードを持っていなくてもLINEペイカードで代行できることがわかったかと思います。

未成年者の方で、携帯の通信料を抑えたいと考えている方は、この機会にLINEモバイルへ変更してみてはいかがでしょうか!

▼LINEモバイルの詳しい契約方法はこちらから
【高校生でも契約可能】未成年者がLINEモバイルに契約する方法をご紹介!  

LINEモバイルの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です