【ミニマリストが実践!】簡単にできる写真の断捨離方法・捨て方をご紹介!

押入れにあるアルバムのせいで収納スペースが少ない…

写真を断捨離しよう思ってるが、めんどくさくてなかなか手を付けられない…

この記事は、このような悩みを持っている方にオススメです。

私自身、ミニマリストになる前は、アルバムに数百枚以上写真を溜め込んでいて、捨てるなんてことは考えられませんでした。

しかし、よくよくアルバムを見返してみると「こんな写真撮ったかな…」という、要らない写真なんかも出てくるし、今の時代、スマホでデータ化することもできるため、全ての写真を残しておく必要は無くなっています

実際に僕は、ミニマリストになってから全ての写真をデータ化し、写真は一枚も残さず、全てクラウド上に保存しました。

そこで今回は、そんなミニマリストの僕が実際に写真を断捨離した方法をご紹介し、メリットや気づいたことなどをご紹介していきます!

この記事を読むことで、写真の断捨離方法や、写真を断捨離できない理由などについて理解できるでしょう。

どうして写真を断捨離できないのか?

おそらく多くの人は、写真を断捨離しようとしても、「写真は大切な思い出だから捨てられない」「将来、見返すかもしれないから捨てるのが怖い」と悩んでしまう方も多いはず。

冒頭でも紹介しましたが、ミニマリストになる前の僕も同じ考えでした。

ただ、僕が思う写真の断捨離は、思い出深い写真も捨てることではなく、「大切な写真だけを残す」ことだと思っています。

まず家の中にある写真を見返して欲しいのですが、おそらく、似たような写真やピンボケしてる写真、特に思い出深くない写真などが半分を占めています。

いくら思い出と言っても、見て何も思い出さないような写真や、似たような写真が複数枚あったところで、持ってるだけ無駄ですよね。

それに、写真を断捨離すると言っても、数枚だけ残すとか、全部データ化するなんて極端な断捨離をする必要なんてなく、大切な写真が多ければ、何十枚でも残して良いと思います。

逆に「減らさなきゃ…」と無理に考えすぎて、大切な思い出を捨てる方がリスクになりますし、本来の目的から逸脱してしまいますよね。

また、写真をデータ化するのがめんどくさい方は、無理にデータ化する必要もありませんし、いらない写真を断捨離するだけでも、今までより収納スペースは増えるでしょう。

このように、「写真を断捨離=思い出を捨てる」とネガティブに考えず、「写真を断捨離=大切な写真だけが残る」とポジティブに捉えることが重要です!

では次に、ミニマリストの僕が実際に行った、写真の断捨離方法をご紹介したします。

実際に写真を断捨離した流れ

僕が実際に写真を断捨離した流れは、以下の3ステップです。

写真を断捨離した3ステップ

1. 家の中にある写真を一箇所に集める

2. まず、いらない写真のみ処分する

3. 残した写真をアルバムかデータに分ける

1. 家の中にある写真を一箇所に集める

まず、家の中にある写真を一箇所に集めます。

この時、親が管理している写真は必ず許可を取るようにしましょう。

僕も写真を断捨離するときは、親にあらかじめ聞き、「写真は大切な思い出だから捨てたくない」と言われたので、独断で断捨離するのは絶対にやめましょう。

集めた写真は大きさや古さに関係なく、全てアルバムから取り出し、分類しやすいようにします。

2. まず、いらない写真のみ処分する

写真を一箇所に集め、アルバムから取り出したら、次はいらない写真のみを処分して行きます。

ここでは、あらかじめ処分する基準を決めておくのが重要です。

参考までに僕の場合、以下の3つを捨てる際の基準にしていました。

3つの基準

1. ピンボケしてる写真

2. 同じような写真

3. 特に思い入れのない写真

特に思い入れのない写真とは、「よくわからん人(モノ)の写真・覚えてない場所の写真」などです。

まずは明らかにいらない写真を処分して、残す写真を選びやすくしましょう。

ただ、写真はそのままゴミ袋に入れるとプライバシー上危険なため、シュレッダーにかけるか、無い方は2.3回破いてから捨てるようにしましょう

▼手動シュレッダーがおすすめ

捨てる際も、中が見えない黒いビニール袋を使い、ゴミ収集日の当日に捨てるのがオススメです。

実際に僕は、シュレッダーがなかったため、ハサミで破いて黒いビニール袋に入れて捨てましたが、特に問題はありませんでした。

3. 残した写真をアルバムかデータに分ける

最後に、残った写真をアルバムに残すかデータ化するか決めましょう。

アルバムに残す場合は、処分しなかった写真をアルバムに戻すだけです。この際に、時系列や人別などで分けると、後で見返す時に便利です。

データ化する場合はスマホで撮影したり、業者さんに頼む方法などがありますが、僕は「Googleフォトとフォトスキャン」というアプリを使ってデータ化することをオススメします。

まずGoogleフォトですが、このアプリはGoogleアカウントを持っている方であれば誰でも使うことができ、容量が無制限のため、何百枚でも写真を保存することができます

もしiPhone本体に写真を保存しようとした場合、おそらく容量がいっぱいになり、全て保存するのが難しくなります。

仮にiCloudの容量をアップロードしても、月額費用がかかるため、僕は無料で使えて容量無制限なGoogleフォトがおすすめです。

フォトスキャンは同じくGoogleが提供しているサービスで、スマホで写真を撮影すると、まるで現像したかのような綺麗な仕上がりで保存してくれます。

▼実際の撮影方法

▼実際にできた写真

 

フォトスキャンは4回に分けて撮影を行うため、普通の写真アプリで撮るより、綺麗な仕上がりになるのが特徴的です。

この2つのアプリはGoogleが提供しているため、フォトスキャンで撮った写真をGoogleドライブに保存するという流れができ、簡単に写真を保存することが可能になるでしょう!

Google フォト

Google フォト
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ
フォトスキャン by Google フォト

フォトスキャン by Google フォト
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

実際に写真を断捨離して良かった

実際に写真を断捨離して、僕が感じた良かったことのまとめは以下です。

良かったこと

・本当に大切な写真だけを残せた

・アルバムがなくなったことで空きスペースができた

・データ化する方が写真を管理するより楽

・懐かしい写真を見返す良い機会になった

特に良かったことは、今回の断捨離をして、本当に大切な写真だけが残ったことです。

写真を断捨離するって、思い出を捨てるように感じますが、よくよく考えてみると「大切な写真だけを残す作業」のため、大切な思い出だけが残っていくんですよね。

それに、今までなんとなく残していた写真は、意外と要らないものが大半だったし、そこにスペースを取られていたと思うと、すごいもったいなかったと感じます。

めんどくさいと感じる写真の断捨離も、やってみると意外にもメリットがたくさんあるので、1度実践してみることをオススメします!

まとめ

以上が「【ミニマリストが実践!】簡単にできる写真の断捨離方法・捨て方をご紹介!」についてでした。

もし要らない写真を処分したい、めんどくさくて手をつけられていない、という方は、この記事を参考に写真の断捨離を行ってみてください!

他にも、本やCD、卒業アルバムの断捨離方法も記事にしているので、気になる方はこちらもオススメです!

捨てられないがなくなる!本の断捨離方法や捨てるべき5つの基準を紹介 CDを断捨離すべき3つの理由!ミニマリストが迷わずにCDを捨てられた方法 家でできる卒アルの捨て方をご紹介!実際に捨てて後悔はなかったのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です